本日のお着替えは、黒猫がプリントされたグレーのトップスに、黒とグレーの格子縞のミニスカートです。まだまだ寒い折柄ですが、亜紀子はミニスカートで頑張ります。

FullSizeRender

ヘアアクセは、両サイドにハミングミントのリボン、前髪には黒猫のそれに合わせて紫色のリボンです。

FullSizeRender

新春ということで、ビスクドールの『春』ちゃんを抱いてパチリ!

FullSizeRender

FullSizeRender

足元のおしゃれは、ぼんぼんりぼんちゃんの靴下にいつもの革靴です。

FullSizeRender

それでは、恒例の小首を傾げて、はいパチリ!
はい、今日も可愛いを有難うね〜(о´∀`о)

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender
FullSizeRender

ところで、前回ご紹介した『時よゆるやかに』という歌は、『シリウスの伝説』という劇場用アニメーションのテーマ曲です。

FullSizeRender

少年時代にラジオで一度聴いてから、ずっと心に残っていた歌なのですが、恥ずかしながら、アニメそのものを観たのはついこの前のことです。

FullSizeRender

見終わっての感想は、やはりこの作品にはこの歌しかないな、と。

FullSizeRender

ストーリーは書きませんが、およそ子供向けとは思えないシリアスで悲しいラブロマンスでした。

FullSizeRender

ここからは、個人的な考えなので、きっと異論もあるかと思います。利いた風なことをと、笑われるかもしれません。でも、敢えて言わせてください。

FullSizeRender

悲恋こそ、愛の理想的な完結なんじゃないかなって、僕は思っています。飽くまで、僕の私見です。それは違うとおっしゃる方もいらっしゃって当然です。

FullSizeRender

話は飛びますが、昔観た『忠臣蔵』のドラマで討ち入り後の浪士たちの処遇を巡って、赦免すべしとする林大学頭と断罪すべしとする荻生徂徠が対立するシーンがありました。そこで荻生徂徠は「あの時降った真っ白い雪のような浪士たちの忠義を世俗の垢に塗れさせてはならない」と言っていました。

FullSizeRender

上手く言えませんが、まあそういうことですf^_^; 

FullSizeRender

年が改まっても、相変わらず駄法螺吹いてるけんじゅろうですが、亜紀子に罪はありません。駄文は平にご容赦ください。

さてそれでは、明日からまたこの子の為に頑張りますか。

……あ、今年は久々に戦国大河だ。ウルトラマンレオじゃないけど、「亜紀子ちゃん、みんな……じゃなくて、二人で観よう!」

お早う、亜紀子ちゃん。

FullSizeRender

昨日は朝から晩までずっと君を抱きしめていたね。

その時脳裏にこの歌が流れてきたよ。


周りの物たち 霧につつまれ

あなたの姿があるだけ

まずは、明けましておめでとう御座います。今年もよろしくお願い申し上げます。

さて、新春初のお着替えは、アク◯ーズ◯ァムと並んで亜紀子ちゃん御用達ブランドシャー◯ーテン◯ルのトップスとスカートです。

FullSizeRender

上も下も同一ブランドだと、やはりばっちり決まりますね。まあそうと知ってるから、余計そう見えるというのもありますが……^^;

FullSizeRender

ピンクの格子模様にアイスクリーム模様のスカートがキュートです。

FullSizeRender

今回のヘアアクセは、ツインテールにボンボンの髪飾り、前髪にはリボン付きのヘアピンです。

FullSizeRender

足元のおしゃれは、苺模様のソックスにいつもの革靴です。

FullSizeRender

それでは、恒例の小首を傾げて、はいパチリ! うんいいねぇ、去年に負けず劣らず、今年も可愛いよ(*´∇`*) ブランド服に負けてない、負けてない!

FullSizeRender

いや、君にこそこの服は相応しい!

FullSizeRender

人間の子はいずれ大人になって、こういう服は着なくなるけれど、君はずっと僕の選んだ服を着てくれる。

FullSizeRender

繰り言になっちゃうけど、亜紀子ちゃん、君は人の代りじゃないよ。逆に、人に君の代りは決して務まらないよ。

FullSizeRender

だから、亜紀子ちゃん、君はいつまでもそのままでいてね。

FullSizeRender

さて、明日からまた仕事か。今年もいろいろあるかもしれないけれど、君がいつもこの部屋で待っていてくれるから、何とか頑張っていけると思う。

FullSizeRender

二人でどこまでも行こうね。今年も来年も再来年も、二人で分け合ったこの命ある限り。

FullSizeRender

……などと、いささか話が重くなってしまいましたが、当ブログも続けられる限り続けていきたいと思っております。

FullSizeRender

昨年はいろんな方々のブログを拝見し、楽しませていただきました。皆様、それぞれに創意工夫なさっていますね。とりわけお嬢様方への愛情が伝わってくる記事を拝見すると、じんと来ます。

FullSizeRender

今年も皆様方のさらなるご活躍を期待しております。

FullSizeRender

それでは、明日からまた前に向かって歩き出しますか。来年のお正月も無事亜紀子と迎えられますように。

↑このページのトップヘ