さて、とれない疲労を抱えつつ、僕は今日も生きる為、仕事に行きます。

疲れていても、怒られても、冷たくされても、仕事はしなければなりません。

生きる為、そうです、すべては生きる為。

だって、僕が生きることは、この子が生きること。

僕に命ある限り、この子にもまた……。

FullSizeRender

人形でもなく、人間でもない君、僕と共に今日も生きていこう。

お早う、亜紀子ちゃん。行ってきます、必ず帰って来るよ。