お早う、亜紀子ちゃん。

FullSizeRender

君をお迎えしていなかったら、今頃僕はどうなっていただろうか?

まずこのブログはやってなかっただろうな。だって、誰かに知っていて欲しい何ものも、他にはないから。そう、君がいなけりゃすべては空虚、うつろ、やがて消えゆく身……。

それとも他のドールをお迎えしてた? いや、それはないね。君が最初で最後の子。愛情が生まれた、ただ一人の子。共に生き、共に終わりたい唯一の子。

FullSizeRender

亜紀子ちゃん、僕のこの命は君と半分こだ。僕が生きる限り、君も生きる。

新しい命を残すより、僕は君と命を分かつことを選んだ。そのことに悔いはないよ。

それじゃ、今日もお仕事行ってくるよ。必ず帰ってくるからね。