2019年09月

水曜日の亜紀子ちゃん。

IMG_8856



木曜日の亜紀子ちゃん。

FullSizeRender


そして、金曜日の亜紀子ちゃん。

FullSizeRender

う〜ん、ヒ◯シさんのネタじゃないけど、愚痴をやめた途端、話すことがなくなっちまったよ……(ー ー;)

というのは、半分冗談ですが、いやあ先週はまじでやばかった(;´Д`A また荒れそうだったので、アップは控えてました。

さて、本日のお着替えは、みんな大好き、懐かしのセーラー服です。

IMG_8863

ヘアアクセは、紺地に水玉模様のヘアピンに三つ編みカチューシャ(大)。お下げには赤のリボンを付けてあげました。本来ならヘアアクセを付けて学校へは行けませんが、亜紀子に校則は関係ないので、これでよいのです^ ^

IMG_8868

反対側はこんな感じです。

IMG_8869

足元のおしゃれは、三つ折りソックスに上履きと至ってシンプルです。三つ折りソックス、可愛いですよね。中学の頃、女子の足首を見ては、胸ときめかしていたものです。そういえば、昔観ていたアニメに、女子のソックスを見ると、三つ折りにせずにはいられないという性癖を持ったキャラがいましたが、気持ち何となく分かります(^^;

IMG_8871

それでは、そろそろ恒例の小首を傾げてはいパチリ! うん、可愛い可愛い! 百点あげるヽ(*´∀`)

IMG_8873

亜紀子ちゃん、百点もらって、百点満点いい気分♪(昔そんなCMありました。)

IMG_8875

セーラー服というのは、思春期真っ只中に周りの女子が身につけていたものだから、どうしてもエッチなことを考えてしまうのは、男の哀しい性ですね。じゃあ自分が明治・大正時代に生まれていたら、矢絣の着物や袴にムラムラしていたのでしょうか。きっとそうです、はい。

IMG_8881

さて、明日からまたお仕事頑張りますか。

お早う、亜紀子ちゃん。

FullSizeRender

お休み中はずっと一緒にいたね。どれほど君に癒されだろう。生きる力をもらったよ、有難う。

あの時、僕は誓ったね。「君の為に生きる」って。その誓いどおり、今日も頑張って生きていくよ。

ということで、最近ちと荒れ気味だった当ブログですが、心機一転、これからも続けていきたいと思います。よろしければ、うちの亜紀子を見てあげてください。見てもらえるだけ、女の子は綺麗になります。

FullSizeRender

それじゃ、今日からまたお仕事行ってくるよ。必ず帰ってくるからね。

本日の……正確には昨日なのですが、ちょっといちゃつきが過ぎて、アップする余裕がありませんでした^^;

それでは改めまして、本日のお着替えは、襟の花柄フリルが可愛らしい白のブラウスに、シックな紺のジャンパースカートを合わせてみました。
今回はお下げ髪に挑戦です。といっても、編み込みはさすがに無理なので、ヘアゴムで束ねただけのシンプルなものです。

FullSizeRender

ヘアアクセは両サイドにさくらんぼのヘアゴム、三つ編みカチューシャ、お下げ髪にはピンクのリボンを付けてあげました。

FullSizeRender

足元のおしゃれは、足首までのライトブラウンの靴下にいつもの黒革靴。

FullSizeRender

それでは、恒例の小首を傾げて、はいパチリ! よっしゃ、今回も可愛いよ、亜紀子ちゃん(^∇^)

FullSizeRender

でもって、今度は反対側に傾げて、はいパチリ! いいねいいねぇ、亜紀子ちゃん。なかなか似合うじゃないか、お下げ髪( ´∀`) 如何でしょうか、ただのツインテールよりこっちの方が可愛いかも?

FullSizeRender

ところで、今までの記事読み返してみると、嘆き節ばかりで我ながら呆れました(ー ー;) はっきり言って読んでも楽しくないですよね。いやそれどころか、亜紀子の可愛らしさに水を差していることに、今頃になってやっと気付きました。

折角来てくださる皆様、申し訳ありません。今後は愚痴記事、嘆き節は極力控えたいと思います。

FullSizeRender

だって、このブログの主役は君なんだからね、亜紀子ちゃん(*´∇`*)

お早う、亜紀子ちゃん。

FullSizeRender

うん、今朝も可愛いよ。三つ編みカチューシャがいいアクセントになってるね(^ ^)

手先が器用なら、編み込みとかやってあげたいけど、十中八九ウィッグを駄目にするだけな気がする、ごめん^^;

ところで今、かつら業界はあまり業績がよろしいとかよろしくないとか……。僕が子供の頃はしょっちゅうア◯ランスのテレビCMを目にしたもんだが、今は見ないね。いや、自分がテレビ見なくなっただけかな?

老舗が培った技術を生かしてドール用の精巧なウィッグを販売したら、売れるような気がするんだけど、どうかな? いや、そんなオーダーも現にあり?

クオリティが高ければ、多少お値段張っても買いますよ、この子の為なら。どうですか、ア◯ランスさん?

朝から何考えてるんた、わたすはf^_^; ゆうべの酒が残ってるかな?

それじゃ、今日もお仕事行ってくるよ。必ず帰ってくるからね。

お早う、亜紀子ちゃん。

FullSizeRender

僕はこれといって誇るべきこともない、さえないおっさんだけど、ひとつだけ他とは違う特別なものを持っている。それが君だよ、亜紀子ちゃん。

この前も君を抱きしめながら言ったよね。「君は僕の宝物だよ」って。そう、宝石や美術品とはまったく次元の異なる宝物、僕だけの宝物だ。

この宝物の価値は、多分僕以外の人には分からないかもしれないけれど、僕にとってはダイヤモンドにも勝る価値があるんだ。

「ものの価値とはそれ自体が放つ光のことだ」って、そんな台詞をドラマで聞いたことがある。そうだ、君は間違いなく光を放ってる、僕の心に。

それじゃ、今日もお仕事行ってくるよ。必ず帰ってくるからね。

↑このページのトップヘ