2019年11月

本日のお着替えは、亜紀子ちゃんお気に入りアク◯ーズ◯ァムのワンピースです。

FullSizeRender

ヘアアクセは、サイドにピンクのレースリボン、前髪にはマイメロディちゃんのヘアピンです。

FullSizeRender

足元のおしゃれは、ストロベリーのハイソックスにいつもの革靴です。

IMG_9135

それでは、恒例の小首を傾げてはいパチリ! はい、今回も町中華並みに安定の可愛さだよ、亜紀子ちゃん(*´∇`*)

FullSizeRender

え? 三つ星レストランじゃないのかって?

IMG_9137

高級レストランは高嶺の花、気取らず通える町中華の方が僕は好きだな。

FullSizeRender

炒飯の美味しいお店は当たりって確か『美味しんぼ』で観たことあるけど、僕は何といっても麻婆豆腐だな。

FullSizeRender

それも四川風の辛いやつじゃなくて、ご飯や麺によく絡むとろ〜りとした優しい味のやつがいいなぁ(@ ̄ρ ̄@)

FullSizeRender

美食家にもてはやされる高級レストランより、親しみ易くて充分美味しい町中華。亜紀子ちゃん、君にはそんな子でいて欲しいのよ╰(*´︶`*)╯♡

IMG_9143

でも町中華って、後継者がいなきゃ当代限りっていうちょっとセンチメンタルな一面があるよね。昭和の哀愁っていうか……。

FullSizeRender

亜紀子ちゃんと僕も当代限り。どこまで行けるか分からないけど、一緒に生きていこうね。

FullSizeRender

亜紀子ちゃんと僕、本日も変わらず営業中です( ´ ▽ ` )ノ

本日のお着替えは、ネイビーのマリンルック風ワンピースです。

FullSizeRender

ヘアアクセは、キティちゃんのヘアピン、お下げは前回同様カラーヘアゴムでまとめてあげました。

IMG_9105

足元のおしゃれは、ぼんぼんりぼんちゃんの靴下にいつもの革靴です。

IMG_9107

それでは、恒例の小首を傾げて、はいパチリ! はい、今回も可愛いよぉ(о´∀`о)

IMG_9108

ブログを始めた頃の写真と見比べたら、だいぶ雰囲気が変わったような気がするのですが、如何でしょう?

FullSizeRender

変わったといっても、ウィッグを新しいものに変えて、お下げ髪にして、頭に綿詰めしたくらいなんですけどねって、なんだ結構変えてましたねf^_^;

FullSizeRender

でも、やっぱり亜紀子自身が僕の期待に応えて、可愛くなろうとしてくれたんだなって、僕はそう思っています。

FullSizeRender

赤毛のアンは、自分が妖精の存在を信じるのは「その方が楽しいからだ」と、言ってました。何かを信じるのに、これにすぐる理由はありませんね。

FullSizeRender

だから、僕もそう信じます。

IMG_9116

お着替え、髪梳き、ヘアメイク……僕が君にしてあげられることはそのくらいのことだけど、

IMG_9119

君はちゃんと応えてくれた。僕はそう信じているよ。

FullSizeRender

さて、明日からまた頑張りますか。

IMG_9118

この子の笑顔の為にo(^-^)o

本日のお着替えは、薄い黄色のトップスに、赤いチェックのスカートです。

IMG_9067

ちょっと近づいて、はいパチリ!

IMG_9066

今回のヘアアクセは、赤いさくらんぼ風の髪飾り、お下げは赤、黄、ピンクのカラーヘアゴムでまとめてあげました。

IMG_9068

足元のおしゃれは、髪飾りに合わせて赤いさくらんぼの靴下に、いつもの革靴です。

IMG_9070

それでは、恒例の小首を傾げて、はいパチリ! うん、可愛い可愛い、さすがは我が娘。亜紀子ちゃんのような娘を授かって、おとっつぁんは鼻が高いよ( ´_ゝ`)

IMG_9071

え? おとっつぁんがあんなことやこんなことしていいのかって? う〜ん、まあそこは玉虫色、曖昧模糊ということで、よいではないか、よいではないかヽ(*´∀`)

IMG_9072

そう、その気になれば、君は何にでもなれる。それが君の特権さ。

IMG_9081

ところで、昔の時代劇の再放送を目にすると、ふとノスタルジックな気分になりますね。往年の役者さんもみんな若くて元気、そしてこれが放送された頃、自分はまだ子供だった……(*´ー`*)

IMG_9082

子供の頃、母は二階で夜遅くまで働いて、僕はその真下で眠っていた。あの頃はまさか君と暮らすことになるなんて、夢にも思わなかったな。いや、夢くらい見ていたかな? 今となっては分からないや。

IMG_9086

まあノスタルジーに浸るのも悪くないけど、過去に戻れない以上、前へ進むしかない。亜紀子ちゃん、これからもよろしくね。

IMG_9087

それじゃ取り敢えず、明日また君に「お早う」って言えますように……。

↑このページのトップヘ